車査定の美味しい裏技を暴露

俺でも高く売れた車買取指南所カーズム

中古車査定の前の清掃は大事

中古車査定を受ける前に必ずしておきたいのは車の清掃です。

 

いくら車をきれいにしたところで、年式や走行距離で中古車査定の額は決まってしまうという意見の方もおられます。

 

しかし、査定士はきれいに清掃された車の、さらにその向こう側にあるものも見ているのです。

 

査定士が中古車査定で一番気にかけるのは、持ち主がその車をどう扱っていたかということです。

 

乱暴に扱われていた車であれば、走行距離以上の消耗があるかもしれません。

 

大事に扱われていなければ、日常的な点検やメンテナンスも行われていないであろうということが推測できます。

 

その車がどう扱われていたかということについての印象は、中古車査定の額を大きく左右するのです。

 

そして、車の扱いについての印象に大きな影響を与えるのが車内および外装の清掃具合です。

 

車内が砂ぼこりだらけだったり、車のホイールが泥まみれであれば、それほどこの車は大事にされていなかったのだなと感じてしまいます。

 

一方で、見える部分はもちろん、マットの裏や座席の下まできれいに清掃されていたのであれば、持ち主は本当にこの車を大事にしていたのだという印象を受けるのです。

 

このようにきちんと車を清掃してあるかどうかは中古車査定の額に大きな影響を与えます。

 

中古車査定を受ける前にはぜひ丁寧な清掃をしておきましょう。

中古車の査定を受ける場合は、洗車を行っておきましょう

中古車の査定を受ける場合には、まずは洗車を行っておきましょう。

 

まず、査定を受ける車を、お金をかけないで可能な限り綺麗にしておきましょう。

 

普段から綺麗に手入れされているような車は、相場より査定が安くなるようなことはないし、車の状況や状態によっては高く売却することが可能です。

 

まず、洗車を行う場合には、全体のボディーとホイール、タイヤハウス内や車の下部の汚れが多い場合は、ホースで一緒にこの際に洗い流しましょう。

 

外装の洗車を行う場合のポイントは、水垢と小傷消しです。

 

特に小傷が鍵穴とドアノブ付近は付き易く、査定の場合にも必ず確認されるポイントです。

 

また、一緒にこの時に給油口の蓋の内側やドア全体とドアのステップ回り、さらにトランクの箇所も綺麗にしましょう。

 

水垢や小傷というのは、自動車用の細かい目のコンパウンド等を使用すると綺麗になります。

 

コンパウンドを使用しても無くならないような大きなヘコミや傷などは、修理しないでそのままにしておきましょう。

 

というのは、修理代の方が査定の場合に減点される額よりも高くなることが多いからです。

 

次に、ボンネットを開けて、エンジン回りですが、できる限り綺麗にしましょう。

 

普段あまり触っていない場合は、ここは省略しましょう。

 

車買取してもらうなら車買取naviで相場もまるわかり!

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ